ついに!  <伊藤 友季子>

春の訪れを感じ始めている今日この頃、いかがお過ごしでしょうか

『眠れる森の美女』の公演を目前に控え、バレエ団では連日通し稽古が行われています。

そんな中、本日ついに私の相手役である王子役のデニス・マトヴィエンコさんが来団されました!

デニスさんとは2005年3月『三銃士』でダルタニアンの恋人コンスタンス役としてご一緒させていただいて以来、ちょうど10年ぶりです。
再び共演できることをとても嬉しく思います(^^)

『眠れる森の美女』の王子は何回も踊ってこられたデニスさんですが、牧阿佐美バレエ団のテリー・ウェストモーランド版は初めて。

今日は特に牧バレエ団オリジナルの「目覚めのパドドゥ」という場面を合わせました。
王子のキスによって100年の眠りから目覚めたオーロラ姫と王子が踊るロマンチックなパドドゥ...大好きな場面です。
彼がどのような王子を演じてくださるのか楽しみですね!
yukiko20152241.JPG

そして何よりもこの作品に欠かせないのがチャイコフスキーの音楽♫

前奏を聴いただけで、これから始まるストーリーが想像できて、どの場面でも音楽がその情景や役のイメージを膨らませてくれます。

オーケストラの生演奏が奏でるチャイコフスキーは最高の贅沢

観にいらっしゃる皆様をおとぎ話の世界にお連れできるよう、体の隅々まで音楽を感じて、『眠れる森の美女』の物語を心を込めてお届けしたいです!

是非、楽しみにいらして下さい!

yukiko20152242.JPG

「眠り」をイメージして飾っているバラとライラックのお花。とってもいい香りがしています(*^^*)