「高校生バリエーション」  <織山 万梨子>

こんばんは!
織山万梨子です。


昨日、先日の濱田雄冴さんの記事でご紹介がありました、洗足学園音楽大学での本番がありました。

20150525mariko1.jpg

洗足学園音楽大学のオープンキャンパスでのイベントと共に、バレエコース開設を記念して、高校生を対象に開催された企画です。

高校生によるソロのバリエーションに加え、牧阿佐美バレヱ団が「パリの炎」よりグラン・パ・ド・ドゥ、東京シティ・バレエ団が「白鳥の湖」より黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ、谷桃子バレエ団が「海賊」よりグラン・パ・ド・トロワを披露しました。

「プロによる模範演技として」という名目での出演であり、妙なプレッシャーがありましたが...(;´д`)
無事に踊り終わりました!

20150525mariko2.jpg

濱田雄冴さんと踊りました。今週末上演されるライモンダのグラン・パ・クラシックでも一緒に踊らせていただきます。



この舞台は生のオーケストラの演奏で踊ることができました。
現田茂夫先生の指揮で、洗足学園ニューフィルハーモニック管弦楽団に、大学の教員陣が各パートのトップに加わったSENZOKUバレエオーケストラの皆様による演奏でした。
オーケストラは29名という少ない演奏者で構成されていましたが、電子オルガンが使用されていて、フルオーケストラと全く変わらなく聴こえていて驚きました。

高校生は、コンクールなどでバリエーションを踊る機会はあっても、オーケストラの生演奏で踊るという機会はなかなか無いものなので、非常に贅沢で貴重な体験になっていたのではないかと思います。今後もこの素晴らしい企画が続き、より多くの人が参加していってほしいです。



では。